緊急避難的仮設ブログ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年08月10日 (木) | 編集 |
page002_20170810141542aee.jpg

スポンサーサイト
2017年08月10日 (木) | 編集 |
page001_20170810140737ea3.jpg
page002_20170810140901287.jpg

2015年12月31日 (木) | 編集 |
「秘密」


 六条成湫は苦悩していた。今までにも幸せ過ぎて怖いとか、これ以上の幸福を味わったら倍以上の不幸が襲ってくるんじゃないかとか、こんな幸せを噛み締めていていいのかとか、とにかく幸せ過ぎてどうしようと本気で苦悩していたが、今回は本物の苦悩を抱えて悩み苦しんでいるのだ。
 それはたとえば、こんな寒い日の朝のことだ。
「………ユキ?」
 大切な恋人がリビングの床に寝そべっているのを発見し、どうしたのかと成湫は声を掛ける。リビングの床暖房は温かく、そのまま寝そべっていても大切な人が寒い思いをすることはない。
 だから成湫は、ほんの軽い気持ちで声を掛けるのだ。
「そんなところで何をしてるんですか?」
 どうしてそんなところで寝そべっているのか、という些細な疑問に、けれど声を掛けられた恋人である橘行弘はビクッと背中を戦かせ、「なんでもない!」と言うなりササササッと逃げるように寝室へ駆け込んでしまう。
 成湫に背中を向けたまま、明らかに不審な態度で。
「ユキ………まさか、俺に愛想を……?」
 その後ろ姿に衝撃を受け、恋人を追い掛けることも出来ずに成湫は立ち尽くす。頭の中を巡るのは最悪な想像だけだ。
「あー、なんか腹が減ったな、そうだ、アレにしよう、うん、大河原警部に貰ったどら焼き」
 おまえも食べるだろ、と明らかに何かを誤魔化すように素早くどら焼きを取り出す行弘の髪はボサボサになっている。さっきまではツヤツヤの乱れもない髪だったのに、寝室から出てきた途端に乱れている髪に成湫は動揺を隠せない。
「ほら、六条もこっち来いよ、一緒に食おうぜ」
 冬だけリビングに設置されるコタツに座って行弘が笑顔で呼ぶ。ポンポンと隣へ促すように床を叩かれたら、もう成湫は「お茶でも煎れますね」と笑顔で言うしかない。
 さっきは何をしてたんですか、という言葉をグッと呑み込むしかないのだ。
「あの人は、………何かを隠してる」
 そんな行弘の不審な行動を何度か目撃してしまった成湫は今、苦悩のどん底にいた。そして、その度に尋けない疑問が積み重なって成湫の苦悩をどんどん深くしていく。
 行弘は真面目で、誠実で、隠しごとなど出来るような人ではない。なのに、何かを隠しているのだ。
「………俺は捨てられるのか」
 この二週間、目撃した行弘の行動を振り返って、成湫は静かに絶望していた。隠し事の出来ない人が、あえて隠し事をしているということは、それを明らかにされた時に自分は捨てられるのだと結論付けたからだ。
「ユキ………」
 最初は、みっともなく泣いて縋ろうと思った。その次は、笑ってさよならを言おうと思った。その次はいっそあの人を殺して……と考えかけて思い直し、三日前、澄み切った気持ちで尽くして尽くして死んでいこうと心に決めた。
 捨てられた時は自分が死ねばいいのだ。そう思えば、最後まで行弘の役に立てるように頑張れる気がした。
「六条、ちょっといいか」
 そして今、とうとうその時が来たと成湫は悟る。ちょっと緊張したような表情、自分を見つめる真っ直ぐな視線。乱暴に手招きするその指先すら愛しくて切なくなる。それでも、成湫は逆らったりしない。泣いてしまうかもしれないけれど、ちゃんと現実を受け入れて行弘に笑顔で頷いてあげると決めているからだ。
「ユキの言う通りにします」
 だから、なんでも言ってください。そう真剣な表情で言った成湫に、行弘は破顔する。
「じゃあおまえ、そこで立っててくれ」
 ちょっと、こう足を開いて、と言われて困惑しながらも成湫は言われた通り従う。
「………これでいいですか?」
 意味がわからないままリビングの真ん中で足を開いて仁王立ちし、緊張している成湫の前で行弘はいつか見たのと同じ格好でリビングの床へ俯せに寝そべる。
「あの、ユキ」
 言い掛けた成湫に、シッと指を立てて黙るよう指示する行弘に口を閉じて、困惑するまま立ち尽くす。ふと見ると行弘はダボダボのセーターを着ていて、それが二週間前に捨てようとソファの上に置いた自分のものだと気付いた。
「よし、ニャオ来い!」
 そう行弘が言った途端、どこにいたのか黒猫が素早くリビングに駆け込んで来て、そのまま成湫の足の間を通り過ぎる。
「!」
 シュババババッと猛スピードで走り抜けた黒猫は、あっという間に行弘とセーターの隙間に滑り込んだ。
「……………」
 唖然と立ち尽くす成湫をよそに、セーターの中へ抱き込んだ黒猫に頬擦りをして行弘は満面の笑顔で笑っている。
「どうだ六条、ニャオと特訓してたんだぜ」
 正月って言えば隠し芸だよな、と屈託のない笑顔で振り返った行弘に、成湫は安堵でヘナヘナと床へ崩れながら涙した。
「六条? どうした、なんで泣いてるんだ?」
 そんな成湫に、黒猫を抱いたまま行弘が慌てて駆け寄ってくれる。その優しさと温もりを感じて、成湫は本当に自分は心からバカだと実感した。
「六条? あ、もしかしておまえもやりたいのか? おまえに大きすぎるセーターなんかあったかな?」
 オロオロしながら聞いてくれる行弘に首を振って、そのまま抱きしめると、成湫はホッと息を吐く。
「幸せを」
 そうして成湫は絞り出すような声で行弘に告げるのだ。
「幸せを、噛み締めているだけです………ありがとう」
 自分はなんて幸福でバカな男なんだろうと笑ってしまいながら。
「なんかわかんないけど、喜んでくれてよかったな」
 なぁニャオ、と微笑う行弘にキスをして成湫は幸せを噛み締め直した。

happyhappy new year!!

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします

2013年11月04日 (月) | 編集 |
◇幸せな二人の場合◇
 雨が降ったり止んだり晴れてみたり。そんな中途半端な天候の連休最終日。
「ユキ、今日11月4日は何の日か知ってますか?」
 ソファへ腰掛けた恋人の身体を抱き寄せながら、六条成湫は甘い声で問い掛けた。
「今日? 楽天の優勝セールが始まる日か?」
 ニャオのオモチャ買ってやらないと、と閃いてしまったのは抱き寄せられた非番の警部補、橘行弘だ。
「いいえユキ、今日は一年で一番寛大な心になれる日」
 イイヨ!の日です、と成湫はグッと親指をサムズアップする。「いいよの日?」
 なんだそれ、と首を傾げる行弘は不思議そうではありながらも興味を抱いたようだ。
「そう、どんなお願いや我儘にも笑顔でイイヨ!と」
 答えることで世界の幸福度が上がるという素晴らしい日です。
そんな成湫の説明を、素直に信じるのは行弘だけだ。
「なるほど、いいよって言って貰えたら誰でも嬉しいよな」
 納得したのか、膝に載せた猫に「ニャオもいいよって言ってくれるか?」と楽しそうに尋ねている。
「じゃあユキ、俺の我儘にイイヨ!って言ってくださいね」
 イイヨ以外は禁止だよ、と甘えたように頬を擦り寄せてくる成湫に笑って行弘は「いいよ!」と親指を立ててやった。
「まず、俺のことギュッと抱きしめて頬にキスしてください」
 囁くような声に一瞬躊躇って、それから行弘は「いいよ」と答える。ギュッと抱きしめてキスしたら成湫は酷く嬉しそうに微笑って行弘の頬へキスを返した。
「じゃあ、次はおでこにキスして………次は顎、笑わないで」
 お願いされるままに「いいよ」と返して、幸せそうな恋人の表情に行弘は笑ってしまう。
 まるで、幸せそうな黒猫みたいに見えるからだ。
「唇にも………ダメだよ、ユキったら笑ってばっかり」
 行弘が唇を押し当てる度に、成湫は返事をするみたいに同じ仕種でキスを返す。二人して笑いながら、いいよの応酬だ。
「お日様が出てる時間だけど…………ベッド、行こうよ」
 いいよ、という答えが返されるのがわかっていて、甘い声で告げる成湫は狡い。
 それ以外の答えを言わせないようにキスばかりするからだ。
「六条、…………今日はいいよの日だろ?」
 そんな我儘な唇を指で摘んで、行弘は飛びきり格好いい表情で成湫を睨んでやる。
「早く、おまえを全部俺に寄こせ」 返事は、と囁く声に成湫が返す言葉は一つしかない。いいよという甘い声は、重ねられた吐息に掠れてしまった。


◆幸せ?な二人の場合◆
 相手の我儘や要求を受け入れ、誰もが笑顔になることにより世界の幸福度が上がるという11月4日、イイヨ!の日。
 深夜近くになって隠しエレベーターからマンションの五階を訪れたのは、大家であり部屋主の恋人でもある黒坂乙彦だった。
「啓介、啓介、……………啓介、起きてください」
 ぐっすりと眠っていた恋人を情け容赦なく揺さぶり起こし、何の遠慮もなくベッドへ腰掛けた乙彦は不機嫌だった。
「乙彦…………どうした、何かあったのか?」
 寝起きの掠れた声で尋ねて、無意識にか本能的にか乙彦の手を引いてベッドへ招き入れようとするのは苅谷啓介だ。
「許可なく触らないでください、図々しい」
 ビシッと啓介の手をはね除けて乙彦は高らかに宣言する。
「俺は今機嫌が悪い、俺の幸福度を上げてください」
 今日はイイヨの日だ、イイヨ以外の返事は受け付けない、と言い放った乙彦に、啓介は仕方がないなと苦笑して頷いた。
 機嫌が悪い乙彦が自分に甘えているのかと思ったのだ。
「では、この白紙委任状に署名と捺印をお願いします」
 サッと差し出された書類とペンに、断ろうとした瞬間最高潮に機嫌が悪い乙彦が無言でプレッシャーを掛けてくる。
「う、いや、その………………………イイヨ」
 言った途端ペンを握らされ、印鑑の代わりに拇印をキッチリ押させられて親指が朱肉の赤に染められた。
「次、このブラックカード貰っていいですか、いいですよね」
 恐ろしく据わった目でジーッと見つめられて啓介は小さく、消え入るような声で「イイヨ」と呟いた。
「じゃあ次、俺のために大声で歌いながら成湫さんの部屋から猫ちゃんを誘拐してきてください」
 今日はあの子がいないと眠れない、と寂しそうな調子で言い出した辺りで啓介はようやく乙彦の異変に気付いた。
「乙彦…………おまえ、まさか酔ってるのか?」
 まさかと思いながら尋ねた啓介に、「イイヨ以外は受け付けません、黒猫万歳!」と叫んで乙彦はバタリと倒れてしまう。
「お、乙彦? 乙彦…………俺と結婚してくれ!」
 そんな啓介の一世一代の告白に、イイヨ、という声が乙彦の唇から返されることはなかった。


☆おまけ☆
「ニャオ、今日は全部イイヨって答えろよ、幸せになれる」
 行弘は笑顔で最愛の黒猫を抱きしめた。
「ニャオ、抱っこ」
「ニャオ、チューは?」
「ニャオ、昼寝しような」
「ニャオ、あ~んは?」
 そんな行弘と黒猫の蜜月は唐突に終わりを告げる。
「ニャオ、俺と風呂に……………逃げやがった!」
 成湫は黒猫の風呂嫌いに心から感謝したという。

イイヨ!で世界をハッピーに☆happy Jgarden.


2012年08月12日 (日) | 編集 |
 その素敵なお便りが届いたのは、晴れた休日の午後だった。
「せっかくの休日にすみません、お届け物がありましたので」
 いかにも恐縮そうに頭を下げるのは大家の黒坂乙彦だ。手にした箱は重そうで、部屋まで届けて貰ったほうが恐縮ものだ。
「すみません大家さん、どうぞ上がってください」
 素早く荷物を受け取った瞬間、背後にいた男に箱を奪われてしまったのは橘行弘。休みを満喫する若き警部補である。
「こんなに重いものをユキに持たせるなんて神経を疑うよね」
 その荷物を抱えたまま大家の職務怠慢だと訴え始めるのは、そんな大家に教育された男、裏社会に君臨する六条成湫だった。
「六条、なに馬鹿なこと言ってるんだ、大家さん中へどうぞ」
 ペシッと成湫の頭を叩いて、軽く睨む行弘は、その大胆不敵な行動に固まる乙彦に気付いていない。
「……………実は仕事が忙しくて、申し訳ありません」
 心の底からお邪魔だとわかっていて玄関を上がるのは辛い。
「ユキの美しく寛大な心に感謝して帰れ」
 そそくさと逃げ出す乙彦は、逃げられたことに感謝した。
「六条、中身なんだった?」
 自分の実家からだとわかっているのだろう、冷蔵庫から飲み物を持って来た行弘は当然のように成湫が開けると思っている。
「ユキ宛だよ、ちゃんと本人が開けなくちゃ」
 神妙な表情で言う成湫は、密かに行弘宛の郵便物の一つ一つを開封し、内容を確かめてから大家に渡す男だった。
「おまえ、そういうとこ生真面目だよな」
 感心したように言って段ボールを開けた行弘は、開けた次の瞬間慌てて閉める。人前では出せないものが入っていたからだ。
「ユキ? 何かあった?」
 不思議そうな表情をする成湫は、その中身を自分がオーダーしたものと入れ替えるのを密かな楽しみにしている。ごく稀にそのまま行弘へ渡す時もあるが、今日はその稀な日だった。
「お袋め、またパンツ送ってきやがった」
 恥ずかしいからって言ったのに、と赤くなって憤慨している行弘に成湫は宥めるような丸め込む笑顔だ。
「忙しいユキのためだよ、ちゃんと受け取らなくちゃ」
 いいお母さんだね、と微笑む成湫に、そうだな、と思い直す行弘は操られやすい人間だと言える。
「パンツなんて誰だって穿いてるもんです、平気ですよ」
 むしろ穿いてないほうが恥ずかしい、とサラリと言われては恥ずかしがっているほうが可笑しいのだろう。
「よし、………変なパンツでも笑うなよ?」
 勿体ないから俺は穿く、と妙な宣言をして段ボールを開けた。
「黒猫?」
 中から出てきた白地のブリーフに行弘は首を傾げる。可愛い黒猫の顔が刺繍された行弘の名前がローマ字で入れられていて、黒地に白の糸で刺繍されたものには成湫の名前があった。
「ユキちゃんへ、六条くんと仲良く使ってください、ケンカはしないこと、母より」
 サイズはお兄ちゃんが選びました、お父さんは青、お兄ちゃんは赤、明くんは緑よ、母さんはピンクだけど、という不要な情報に溢れた手紙に行弘は軽い目眩を覚える。どうして自分には白で成湫には黒なんだと問いたくなるのは、いい年をした男のパンツが白のブリーフだなんて嫌すぎるからだ。
「いつもの橘家カラーじゃないですね」
 橘家では家族それぞれ、決まった色で持ち物を分けている。
「刺繍するパンツ自体にカラー展開がなかったんだろう」
 刺繍は母の手製だが、下着自体は既製品だからイレギュラーに色が変わることもあるらしい。
「お母さん、俺の分まで刺繍してくれたんですね」
 嬉しそうな成湫に、まあいっかと思えるのは、文句を言うのは大人げないし、成湫が喜ぶならいいかと思えるからだ。
「ユキ、今日から俺たち、お揃いのパンツだね」
 なんだか照れちゃう、などとニヤニヤしている成湫に行弘は赤くなるだけで言い返す言葉が見つからない。
 そんなの、行弘だって最初に思ったことだからだ。
「見てみてユキ、十枚もあるのに全部猫のポーズが違うよ」
 お母さん職人芸だね、と成湫は感心している。どうでもいいから綺麗な顔して俺が穿くパンツをしげしげ見るなと言いたくなるのは行弘の心が狭いのだろうか。
「ユキにピッタリだね、………似合いそう」
 うっとりと行弘のパンツを長い指でなぞる成湫からは、何かいけないオーラが溢れていた。
「も、もういいだろ、パンツは終了だ、終了!」
 言いながら、二人分のパンツを抱えて洗濯機に放り込む行弘は、それを誰が洗って干して畳むかを考えないらしい。
 日々のパンツさえ、成湫の手によって管理されているのだ。
「最高の浮気防止策だな、………ありがとうお母さん」
 あれだけ恥ずかしがっていれば、人前でパンツを曝すことはないだろうとほくそ笑む成湫の黒さに行弘は気付いていない。
「よし、荷物の続きだ」
 とりあえず洗濯機に隠して満足してる行弘は、今後のパンツ人生が決定したことも知らずに笑っている。
「あ、靴下も黒猫だ、お袋、刺繍にハマってるんだな」
 他の衣類があるなら下着を一番上に入れるのは止めろと思う行弘は、荷札の商品名が「息子のパンツその他」だと知らない。
「………それより、お揃いのパンツを穿いて見ませんか?」
 さり気なく隠し持っていた白と黒のパンツをヒラヒラと軽く靡かせる成湫に、行弘が屈したのは三分後のことだった。
2012.happy summer.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。